AGAの基礎知識

髪の薄毛や脱毛に関する情報を目にする際にAGAという言葉を目にする機会も多くなりました。AGAとは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの影響や遺伝が原因であるとされています。日が経つにつれ進行する病気なので、少しでも早めのケアが大切になってきます。

 

一方で症状が進行しても産毛が残っていることが一般的なので治療を行うことにより症状の改善を期待することができます。症状は人によって異なり頭頂部から薄くなる人や生え際から薄くなる人など様々です。

 

男性と女性では身体の作りが異なりますが、それはホルモンによる影響が大きいとされています。ホルモンは様々な効果を生み出しますが、時にはその人の自信を奪ってしまうマイナスの結果を生み出すこともあります。

 

薄毛は、男性が持つホルモンが生み出すマイナスの効果として最もよく知られている存在です。額が徐々に広くなり、頭頂部が薄くなっていくという症状は、女性よりも男性の方がはるかに発症しやすいことから、男性特有のホルモンの働きが影響していると言われています。転じて、こうした薄毛の症状は「男性型脱毛症」(通称「AGA」)と呼ばれるようになりました。

 

このAGA対策にはプロペシアが効果的です。これまでは、AGAに対して効果的な治療方法が見つかりませんでしたがプロペシアの登場以来飛躍的に進歩したといえるでしょう!