間違いを重ねる事

FX投資をはじめたばかりの方がマーケットの要所を理解するにはまず初めに学習を積み重ねることが必要です。

特に、先にピンチを気付くようにするようになるには間違いを重ねる事も重要です。

 

言うまでも無く、ミスをするといっても、命取りとなるほど致命的な負けをする事は話になりません。

 

ちょっとしたミスを幾度か重ねる事が、最後に自身の経験値を高めてくれるはずです。

 

この考えではまず最初はわずかな資金でエントリーして、そこで何度か取り戻せる間違いをすることを推奨します。

 

例えとして、100万円だけしか投資する事が出来ない状態で、はじめに100万円を全部賭けて注文すると失敗した時、元に戻せない恐れがあります。

 

そのため、一例として10%ずつ分割して取引してここで売ったり買ったりを繰り返したほうが少しずつ間違いを補う術なども覚えるはずです。

 

少ない額でエントリーする事の利点は既出の通り、あなたの取引経験を増やし、負けをコントロールする手段を習得していく事にありますが、それと同時に、売り買いの回数を積み重ねる事で、偶然性を少なくできるという価値もあります。

 

仮定として、1度だけの取引で勝てる可能性が50%だと考えます。

 

言い換えると、同じ確率でマイナスになる危険性もあるということになる。

 

勝率50%ということは半々の比率でプラスになる事を現しています。

 

だがしかし、全財産を賭けて1回だけの勝負をするということは、はっきりとした勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

それはただ1度の丁半バクチと同じです。

 

つまり、全ての投資資金を投資して1回だけしか勝負しないと、これでは損が生じる率が高まってしまうのである。

 

これを回避するために、資金を全額投じるのではなく、少しずつ分けて、回数を積む事がリスクコントロールとなります。

 

そして少しずつ分けたとしても、全てのトレードで儲ける事は不可欠ではありません。

 

正しく言うと、全て勝つことは出来ないのが実情です。

 

売買で大切なのは勝つ回数ではなく、どのくらい利益を出すかです。

 

勝率が同じでも勝率が低くても利益を上げる事が出来ます。

 

5割以上負けても損が少額ならば、わずかな勝利のプラスだけで上手に稼げます。

 

そのために重要な事は、損失を少なく、利益を大きくを気をつけておくことです。

 

マイナスになったら直ちにロスカットしてそれとは反対に利益を上げられる状況では上手にプラスにする事が外為取引初めての方がFXで勝利するための極意といえる。